American Idol Season 7 best moments: TOP12/Lennon/McCartney songbook

しばらくAI Season7 best momentsと題して、今シーズンのアメリカンアイドルの個人的に印象に残ったパフォーマンスを載せていきたいと思います。

Top 12 ++Lennon/McCartney songbook++
She's a woman by Chikezie


TOP12のお題はLennon/McCartney songbookでした。次回のBEATLESテーマ週とあわせて、コンテスタンツは2週続きでビートルズ関連のものを歌うことに。はじめはいろんなアレンジがでてきておもしろそう!と思っていたのですが、凝ったアレンジにする人は少なくてほぼ原曲通りとかいまひとつ不発に終わるものが多くて、2週も続けてみるのはキツかったです。だってオリジナル通りにやるとしたらやっぱりオリジナルの方が…ポールやジョンのヴォーカルを甘く見るなよという感じです(誰も甘くは見てないか…そしてジョージはさておきリンゴの立場は…)あの奇跡の"Two of us”な2人になれない私たちは、ビートルズの曲はスタンダードととらえていろいろアレンジした方が楽しめると思うのですよね。曲として完成されたものが多いので、いじれる曲が多いし。
そんな中、これは最高!と思ったのがチキージー(アフリカ系の人)のShe's a woman。ブルーグラスではじまるこのアレンジにノックアウトされました。今年はステージで暴れ回る人も少なくて(アマンダ姐さんくらい?)、ようやくはじけたパフォーマンスが見られたというか。とても楽しかったです。途中の息切れとか音ズレも帳消しにできるほどの愛嬌あるパフォーマンスでした。それにしてもこの後の週でどんどん彼がはじけてくれるのかなと思ったらこのあと特に見せ場がないまま、脱落してしまったのが悲しかった。こういうアレンジができるんなら(このアレンジはチキージー本人のものだとか)もっといろいろやってくれればよかったのになあと思います。

おまけ

コンテスタンツの歌ではないですが、翌日の結果発表の日にゲストでやってきたアイドル同窓生キャサリン・マクフィー(シーズン5の2位の人)のパフォーマンスです。あのデビッド・フォスターと登場してSomethingを歌いました。ジョージの歌がデビッドフォスター風味になるとこんな感じになるんだーという仕上がりで、個人的にはけっこう好きです。2度めのサビの部分のコードが少し変えてあってそれがらしくていい。間奏もバンドでやるんだったらやはりクラプトンばりのギターソロを期待したいところですが、ピアノでやるんだったらこういうアレンジもいいなあと思いました。キャット(キャサリンの愛称です)の歌も後半部が特によかったです。最後のフェイクも決まっててこれはうまい終わり方。あの尻切れとんぼ的エンディング(それがいいところでもあるんですが)は1人の弾き語りのステージでやるとちょっと決まりにくいというか、どうも歌い手としては不完全燃焼的な感じになっちゃってたので、これはいいアイデアです。パクらせてもらおうと思いましたwそれにしてもビートルズのソングライターというと、いつもレノンマッカートニーにスポットライトがあたってしまいますが、ジョージの歌いいなあ。しかもこの詩にはなんとも大人の味があって寝取られ男の悲哀を感じますw
キャットはこのデビッドフォスターと組んでいまアルバムを作っているそうで期待。これまでに1枚アルバムを出してるんですが、どうにも彼女のキャラと合ってない曲ばかりでしかも売れずじまい。AI時代の彼女のベストはOver the Rainbowとかなので、アメリカンソングブック的なやつを出したらいいんじゃないんですかねえ。バカ売れはしないにしても、彼女の元々のファンはそういうのの方が喜びそうです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment