Eurovision 2014 今年もユーロヴィジョンの季節です

TH11.jpg

気づけば今年もユーロヴィジョンの季節であります。(2009年にやったレビューはこちら)先日セミファイナルも終了して、今日あと2時間ほどでファイナル。オフィシャルからウェブTVで見れますので夜中にウキウキ待っていますが、今年はコペンでの開催、そして今年も各国期待を裏切らないムダにゴージャスなステージングとキャラが立った人たち勢揃いです。

ファイナルのメンバーで気になったところは、ドイツのニセPINK(でも歌い方はアデル姐さんふう)、イタリアのニセGAGA様(でも曲はいい)、デンマークのニセブルーノマーズ(曲もまったくブルーノマーズ)などどっかで見たぞシリーズ、ロシアの美人安田姉妹の髪の毛パフォーマンスポーランドのスラヴ愛をこめた乳アピールパフォーマンスウクライナの曲はいいけど、後ろの人がハムスター、今年はわりとマトモなUKオーストリアのびっくりヒゲドレスの圧倒的歌唱などなど…。例年通りまったくネタ的に目が離せなくてとても楽しいです。今年はいまいちぐっとくる曲は少なかったですが、中でもわりといいなと思ったのはハンガリーと、常連のPaula & Oviで丸ピアノパフォーマンスが楽しいルーマニア↓です。


今回もネタ曲以外はバラードものが多いので、2曲とも盛り上がりそう。
今年の優勝はどこになるのか楽しみだなあ。
関連記事

0 Comments

Leave a comment