American Idol Season 7 best moments: TOP9 Dolly Parton Week

TOP9にきて、ようやくメンター登場です。あのDolly Partonでした。かなりしばらくぶりに見たら、やっぱりすごい年とってました…しかしあの体型は変わらず。いったい今ヴァージョンいくつなんでしょうか(笑)考えてみるとドリーの曲で知ってるのって、ジョリーンとかホイットニーがカバーした「I will always love you」とか9時から5時までとかくらい?いい曲作ってるよなとは思ってましたが、曲はあまり知らないんで誰が何歌うかも想像できませんでしたが、この週は名パフォーマンスがどんどん出ました。個人的に一番やられたのがこれです。

Michael Johns - It's All Wrong But It's Alright



これはあまりにも文句なし!今シーズン通じても印象に残ったパフォーマンスでした。よく「神が降りてくる瞬間がある」みたいなことを言いますが、要はそれって自分の中の「波」みたいなものと一緒に演奏してる人、そして観客の「波」が合うというか、なにか空気の中にある見えないものをつかむ感じ?こういう瞬間をしょっちゅう体験してるのはスティービーワンダークラスとかになるんでしょうが、このときもそんなものが見えた感じがしました。やはりカラオケやボイトレだけやってても一生こんな瞬間は訪れません。ちょっと陳腐な言い方ですが、音を媒介にしての、人と人のやりとり、ぶつかりあいや呼吸で音楽はできてるんだと思います。マイケルは上手いと思うんだけど、このパフォを見るまではいまいち選曲が合ってない感じでほんとにサイモンの言うようにこの人はストレートなロックとかより、こういうブルースロックをやるべきです。タイトルもいいですよね、「It's all wrong, but it's all right」人生とはこういうもんです、たぶん。
この週はもちろんお気に入りのデヴィッドクックもよかったんですけど、シーズンのはじめに期待してたわりには…と思ってたもう1人のデヴィッド、アーチュレッタ氏もよかった。これのスタジオレコーディング版も鳥肌でした。

David Archuleta - Smoky Mountain Memories


しかしバックはピアノ一本の方がよかったような…。この人はこの若さで(17歳)一度声帯をつぶしてるんですが、「かすれ」がいい味になってます。ピッチの正確さやテクニックもすごいと思いますが、何より声の良さが際立ってるので、バックはできるだけシンプルな方がいいと思います。この人のファイナルのパフォも本当にすばらしかったのですが、その出来の良さには、バックがシンプルだったことが大きく寄与していると思います。

この週はほんとに「はずれ」がなくて、やっぱりドリーの曲っていい曲が多いのですね。本人の歌声はどうも…カントリーすぎてちょっと苦手なんですが、すごいソングライターだったのねと再確認しました。そんなわけで本当は全部載せときたいんですけど、もう1つだけ。ドレッドのジェイソンのTravelin' Through。この人は「歌い上げ系」じゃないのに珍しく評価されてて、レナードコーエンのハレルヤ(アレンジと歌自体はジェフ・バックリー版)を歌ったときも審査員から絶賛されてました。しかし自分はどうもいまひとつ魅力がわからなかったのですが(普段ならこういう感じの人の方が好きなはずなのに)、このパフォと、あと放送中に思いっきりあくびしてるのを見て(笑)一挙にお気に入りになりました。曲もあってるし、こういう感じのアルバムだったらたぶん買う。ジャック・ジョンソン系ですよね。

Jason Castro - Travelin' Thru


関連記事

0 Comments

Leave a comment