朝日カルチャーセンター木曜講座・サマーパーティー2016七夕

IMG_0061.jpg

毎年恒例になっている朝日カルチャーセンターの木曜講座のみなさんと開催している夏の懇親会。みんなでお食事して歌ってという会なのですが、今年はちょうど七夕の日ということもあり、「星の歌」しばりでいろいろな曲を歌っていただきました。

テーブル2つのセッティングにしてもらったら、生徒さんたち、みごとに男女別々のテーブルに分かれて座ってしまって、「やだ男女ばらばらですよ!」と言ったら、「このテーブルの間に天の川が流れている」とかなんとか(笑)16光年か!

あと、生徒さんが「まず"スターダスト"と"星に願いを"は誰かが歌うと思ってそれを避けて考えると、スタンダードだと意外と少なくて日本の歌の方が多いんじゃないか」とおっしゃってました。確かにざっと考えてみるとタイトルにあるのはあとはステラとかスターアイズとか、アラバマとか…。あとはStairway to starsとかso many starsとか思い浮かぶのはそのくらいかなあ。歌詞の中のやつだとまだあるけど、もしかするとスタンダードには星の歌より月の歌の方が多いかもしれないですね。

日本の歌で1つ選ぶんだったら古いやつだけど、わたしは「星屑の町」がいいな。ゴスペラーズじゃないっす。三橋美智也っす。ちあきなおみも歌ってて、アレンジがなかなか斬新です。鼻歌っぽくて情景が自然に浮かぶ歌詞の素晴らしさ。こういうキャッチーな歌を書いてみたいもんですね、いつか。

あとはタイトルに星はないけど、「目を閉じれば、まんてんのほしぞらー」だ。ハルカリベーコン、リリース2003年てもう13年もたつのか。年取るはずじゃ。いまケータリングかなんかやってるらしいですね。そういやBIKKEとかはいまなにやってるのだろう。
関連記事

0 Comments

Leave a comment