スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Scratch30周年

12月16日、若い頃にお世話になったライブハウス小牧「スクラッチ」の30周年記念があったので行ってきた。
20年以上前、「スクラッチ」を紹介されて、そういうのを喜びそうな会社の同僚を誘って通い出した。当時わたしは60年代〜70年代の音楽にはまりはじめた頃で、そのへんの音楽を自由にやらせてもらってとても楽しかった。ほんとの意味でちゃんと音楽に向き合った最初の体験だったし、ほんといろいろ勉強させてもらった。

結局、私は仕事の関係で通えなくなったのだけど、その同僚の倉知くんは、最初ギターをちょこっと弾いたり、コーラスのサポートみたいな感じだったのに、いつの間にか自分のバンドを作り、練習に通いつめ、そのために転職し、足繁くスクラッチに通い続けた。どんだけ好きなんだろうという感じ。

そして、一昨年スクラッチが閉店してしまうという話になり、すごくひさびさに店におじゃましたときに、倉知くんに「あんたがやれ」と気楽に言ってたら、ほんとにその後オーナーになってしまった。

30周年記念のライブ演奏が終わった後、ステージで思いの丈をえんえんとエンドレスモードで語るオーナー倉知を見て、ほんと続けるって大変だなあと思った。みんなこういう場所があってうれしいけど、そういう人の思いを背負う人は、大変だ。思いが重いよね。しかも30年分の。

人が集まる「場」を作ることはとてもパワーがいることだけど、それを継続させることはもっともっと大変だと思う。ライブハウスに限らず、好きなお店がどんどん無くなってきた。いつも無くなってから後悔する。もっと行っておけば良かったって。

いまはとりあえずその大変さに思いを馳せている。とにかくがんばってほしい。小牧周辺でライブ、イベントなどをやりたい人はぜひスクラッチへ。35周年にまた呼んでもらうのを楽しみにしてます。

The Scratch
愛知県小牧市弥生町64 0568-75-6585
https://ameblo.jp/komakiscratch/

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。