イギリス版「世にも奇妙な物語」のブラックミラー。イギリスらしいダークな展開がいい意味で胸糞悪くて(笑)好きなのと、1話完結の気軽さに、つまみ鑑賞してますが、今回はマイリー・サイラスが出ると聞いて速攻視聴。
マイリーは、アシュリー・オーというティーンのロールモデル的なポップアイドルの役。
お話の前半は、アシュリーの熱狂的ファンの女の子が、アシュリーのドール(とってもお利口なスマートスピーカー的なもので意識高い系ワードで応援したり、歌歌ったりしてくれるw)に依存しちゃう話で、お父さんが地下でねずみ退治の研究してたり、お姉ちゃんはいまの子なのにソニックユースとかを聞いてる鼻ピのナードで(わたし的にはうれしいが この子かわいかったな)、こういう設定もブラックミラーらしくて、このままこの女の子の話かと思うと、後半はちょっと展開が変わってあらあらおうおうという感じでした。
アシュリー自身の話としては、おばのプロデューサーからコントロールと束縛を受けた、まさに「ドール状態」から目覚めて自由になるというのが、マイリー本人の遍歴と重なっておもしろかった(というかそのまんま)
しかしアシュリートゥー、私も欲しいわ お誕生日に買ってもらおうかしら(笑)

あと歌のブログとしてはここを強調しておきたいが、マイリーほんと歌うまいな。ハンナモンタナの頃からそうだったけど、オールジャンル歌える器用さとコントロールがすばらしい。最後に歌うこのナインインチネイルズのカバーも非常によかった。おばさんはジョーン・ジェットを思い出したよ。(たしかマイリー以前にご本人さんとカバーしてたよね)もっと評価されるべき。されてるのか。



マイリーといえば、ジミー・ファロンの地下鉄サプライズシリーズでジョリーンを歌ったときもよかった。まあ変装してても華がありすぎてドッキリになってなかったけどな(笑)


あと萌えマイリーといえばこれだ。前にも載せたけどまたしつこく載せちゃう。ハッピーヒッピー裏庭シリーズのドリーミーカバー。この当時死ぬほどみた。もう着ぐるみの2人がかわいすぎるのと、「その着ぐるみってねずみ?くま?」ってきくマイリーのせいで、出だし間違えるアリアナとそれをカバーするマイリー。これを萌えと言わずして何をいうかっていうな。ご飯50杯くらいいけるわい。ほかにもこのバックヤードシリーズのマイリーはすばらしいのでいろいろチェックしてほしい。
関連記事
石橋万里子
Posted by石橋万里子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply