名古屋市中区でボーカルレッスン

日々あれこれ

RIP Chick Corea グループで演奏するミュージシャンへ、チック・コリアの16のアドバイス

0 0
Chickadvice.jpg

チック・コリアが亡くなりました。コロナ禍がはじまってからも、オンラインでライブやワークショップをやってて、自分も何回か参加しましたが、元気な姿しか印象に残っていないのでほんとにショックでした。
そんな中でふと思い出して、以前ジャズのワークショップ仲間の人に送ってもらった画像を取り出してきたんでシェアします。1985年バークリーのワークショップで呼ばれた際に、チックが配ったプリントです。「Cheap but good advice for playing music in a group」グループでプレイするミュージシャンのための安っぽいけどいいアドバイス。もちろんボーカリストにとっても、重要なアドバイスになってます。

Cheap but good advice for playing music in a group
グループで演奏する人への安っぽいけど役立つアドバイス

1. Play only what you hear.
聴いたことをプレイする

2.If you don't hear anything, don't play anything.
もし何も聴いてないんだったら、何も演奏しない。

3.Don't let your fingers and limbs just wander-- place them intentionally.
指と手先をただふらふら動かすのでなく--意図的なポジションに置く。

4.Don't improvise on endlessly--play something with intention, develop it or not, but then end off, take a break.
ただ延々とインプロバイスしない。何かを意図をもって演奏する。展開するにせよ、しないにせよ、そのあと終わりに向かい、ブレイクする。

5.Leave space--create space--intentionally create place where you don't play.
スペースを残す--スペースを作る--意図的に「演奏しない」場所を作る。

6.Make your sound blend. Listen to your sound and adjust it to the rest of the band and the room.
自分のサウンドが「溶け込む」ように。自分の音を聞き、他のバンドのメンバーの音と調和させる

7.If you play more than one instrument at a time--like a drum kit or multiple keyboads--make sure that they are balanced with one another.
同時に他の楽器をプレイしている人-ドラムキットや、キーボード複数台演奏する人は-その楽器のバランスに留意する

8.Don't make any of your music mechanically or just through patterns of habbit. Create each sound, phrase, and piece with choice–deliberately.
演奏を機械的、決まったパターンに陥ったものにしない。どの音、フレーズ、曲もよく考えて選択したものを演奏する。

9.Guide your choice of what to play by what you like–not by what someone else will think.
その選択は自分が好きと思うものに基づいていること。--ほかの誰かがどう思うかということではなく。

10.Use contrast and balance the elements: high/low, fast/slow, loud/soft, tense/relaxed, dense/sparse.
要素に「対比」と「バランス」をつくる:高い/低い 速い/遅い 大きい/ソフト 緊張/弛緩 密/疎

11.Play to make the other musicians sound good. Play things that will make the overall music sound good.
他のミュージシャンの演奏をよく聴かせるために演奏する 全体の演奏をかっこよくするために演奏する

12.Play with a relaxed body. Always release whatever tension you create.
体はリラックスした状態で演奏する 体に現れるどんな緊張も必ずリリースする

13.Create space–begin, develop, and end phrases with intention.
スペースをつくる-フレーズを始める 展開する そして意図をもって終わらせる

14.Never beat or pound your instrument–play it easily and gracefully.
楽器をたたいたり、打つような感じで扱わない イージーに優雅に演奏する

15.Create space–then place something in it.
スペースを作ったら そこになにか意味を持たせよう。

16.Use mimicry sparsely–mostly create phrases that contrast with and develop the phrases of the other players.
わずかに引用を使う 他のプレーヤーのフレーズと対比させるフレーズをつくり、それを展開させていく
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.