レパートリーを広げる楽譜集

生徒さんにたまに聞かれるのが、どんな楽譜や教本を買ったらいいかということです。ということで、私個人が使って重宝している楽譜や教本をご紹介していきたいと思います。
まず今回はレパートリーを広げるために役立つ楽譜集を紹介します。

普通ジャズのセッションなどでよく使われるのが、real bookと呼ばれる楽譜集(ニセモノもたくさんあり)、あとこれ↓



とかなのですが、基本プレイヤーの人が使う楽譜ですので、ちょっと歌い手には使いにくいわけです。そこで一番ベーシックというか、これを持っていればたいていいける楽譜集が最近新版が出た







この2つを揃えておけば基本的に不自由することはありません。新版になって、これまでなんでこれが入ってないんだという曲(権利関係でしょうが)が加えられて使いやすくなりました。コードも基本的に大きく間違っていることはないです。

それから余裕のある人はこれに加えて、最もオーソドックスなこれ。曲目はちょっと古いものが多かったりするのですが
ポピュラーソングのすべて 1999年版 (プロフェショナル・ユース) / 浅野 純
いわゆる「1001」と呼ばれる楽譜集です。昔、あまりジャズの楽譜集みたいなのがたくさんなくて、Real Bookがバカ高くて貧乏プレーヤーには高値の花だった時代は「1001」がこういった楽譜集のスタンダード的な存在で、必携の一冊でした。コードの付け方が良く言えば当たり障りないというか、悪くいえばあまりかっこ良くないコードが付いていたりしますが、往年の主役として敬意を表したい存在です。

しかし時代は変わって現在はReal bookも気軽にAmazonで買える時代ですし、楽譜界のやり手Hal leonard社が買い取ってからはこんないいものが出ました。



Real Bookのヴォーカル曲だけを収録した「いいとこどり」楽譜集です。これは便利。Real Book独得の手書き風書体で書かれた楽譜は見にくいという人もいるのですが、個人的には愛着があります。収録曲は狭義のジャズ寄りのスタンダードが多いです。つまりポピュラー寄りの楽曲はあまり収録されてないので、ジャズ好きな人には無駄がない楽譜です。

これだけ揃えていればたいていの曲はカバーできます。楽譜はあまり安いものではないですが、自分のレパートリーを広げるための初期投資としてこの中の1つくらいは持っていたいものです。

あとついでにおまけで



100曲近くしか入ってないですが、ポケットサイズで持ち歩きに便利。アマゾンのレビューの人でも楽器ケースに突っ込んでおくには楽しいと書いてる人がいましたがまさにそんな感じ。
関連記事

0 Comments

Leave a comment