アメリカンアイドルシーズン10 TOP24

いまのところ、今年のAIはかなりレベル高いなあと思います。
ハリウッド終了時点で気に入った人が順当に残ってるし、プロデューサーにSYTYCDのナイジェルが戻ってきたことも良かったのか、今年はうまい人がちゃんとTOP24に入ってきてる気がします。あと見た目もおもしろい人がちらほら。めちゃくちゃ低い声でカントリー(そのたたずまいは演歌)を歌うアメリカのえなりと呼びたい感じの人と80年代のCCBみたいなはちまきの人とか。ここから先は人気投票だからどうかはわからないけど、今年は期待していいかも。去年は退屈すぎて途中でほぼリタイアしちゃったんで期待してます。

とりあえずハリウッド終了時点で気に入ってた人たち。
今年は女子に期待したいです。がっつりBig Noteが出せる人が多いし、みんな舞台映えしててすごい。女子で一番お気に入りの人2人はどっちもおそうじ系のお仕事出身でトイレ掃除してる姿が映ってましたが、アメリカにもトイレの神様がいるのか、TOP24のパフォーマンスはどっちもすごい良かった。

女 Naima Adedapo(見た目はちょっと中島美嘉なラスタ姉ちゃん。低音も高音もめちゃくちゃ安定しててすごい気持ちいい)
  Lauren Turner(見た目も声もボリュームあってパワフルでブルージー。ソウルフルな歌が似合いそう)
男 Casey Abrams(ウッドベースで弾き語りがめちゃくちゃしぶい。向こうでジャズ系のセッションにいくとこういう人いる。見た目も歌も演奏も雰囲気も大人の円熟味たっぷりでおっさんにしか見えない19歳)
  Tim Halperin(ピアノ弾き語りが印象的だった男子。オリジナルがちょっと話題に)


Casey Abrams Brings Sexy Back : American Idol 10

19歳っておそろしいわ。そしてヴェガスでI don't need no doctorを歌っててその次の日に胃のトラブルかなんかで病院に運ばれてた。いろんな意味で面白い人だ。

Las Vegas Week- Haley Reinhart, Jacob Lusk & Naima Adedapo

ナイマは左はしの人。

Julie Zorrilla, Tim Halperin and Lauren Turner - Las Vegas Rounds

ローレンの歌はこれまで聴いた御本家以外のあらゆるLet it beの中でもっとも引き込まれた。

関連記事

0 Comments

Leave a comment