Gonna take a Miracle, Gonna take a Lotta Love

年末もいよいよ押し迫ってきて、そうじ気分もたけなわです。(なんか変な言い回しだった)スタジオはだいぶキレイになったのですが、家の方が…。来年は余裕をつくって、庭とかももうちょっと手入れしたいです。
しかしいつも集中してやらなきゃならんことがあると、急に違うことがやりたくなるという天の邪鬼な性格のせいか突然ブログが更新したくなったので、新しいエントリを作ってみました。
題して「こういう曲が好きだ」 音楽好きな人の会話のとっかかりって、「じゃあどんな曲が好き?」ってとこからはじまると多いと思いますが、結構雑食なこともあり、答えるのに躊躇してしまいます。すごい好きなのに、だいたい忘れちゃっててふとiTunesランダム再生とかされたとき、ああこれ好きだったわと思いだすことも多いし…。もちろん資料として聞くものも多いので、そういうのはほんとに好きだったかどうだかわからなくなってしまうことも多いのですが、だいたい好きなものの傾向はあるかもしれないですよね。
それをあげてってみようかなという自己満足エントリです。「好き」のレベルもありますし、そのときどきで変わるものもありますが、とにかく思い入れの強い曲とか、すごい好きってレベルの曲をランダムにあげてきたいと思います。

ひとつめはふと思いついたので、Nicolette LarsonのLotta Loveで。


この人も亡くなっちゃいましたよね。90年代の終わりごろだったか。追悼トリビュートライブでこの曲をキャロルキング、ボニーレイット、ヴァレリーカーターと私の好きな3大女SSWがそろい踏みで順番にワンコーラスずつ歌ってくのが泣ける。ニールヤングも出てるんだけど、このときはこれはあえて歌ってないのですね。映像みたことないけどコーラスとかはしてたのかなあ。

もともとさっきの3人以外にも女SSWが好きなジャンルなんで、新旧挙げ出したらキリがないですが、もう1人夭折してしまった特別好きな人というとローラ・ニーロ。
ファーストの薔薇アルバムから、最後のアルバムになった犬のさんぽアルバム「walk the dog & light the lights」までひとつを選ぶのは難しいけど、自分的には名盤イーライの中の「Emmie」かもしれない。それもボトムラインのライブのやつが聞きたいなあと思って検索したらあるよ。すばらしいyoutube。

音がちょっと悪いのが残念。

あと、今年の発表会で生徒さんに選曲して歌ってもらったキャロル・キングのUp on the Roofのカバー。この曲に関してはキャロルよりこっちのが好き。アルバム「Christmas beads of sweat」より。ソングライターとしてGoffin-Kingがいてローラニーロがいた時代。こういう時代に立ち会っていたかったなあと思います。



そういえば吉田美奈子が、お前はローラ・ニーロみたいに歌えといわれてそのスタイルを確立したってことを確か「扉の冬」のライナーで読んだような気がする。てかもともと声がそっくりですものね。

と、今回はニコレットとローラを挙げたので、この記事タイトルです。
Gonna take a miracle, gonna take a lotta love. 
2つの曲をつなげたら、来るべき新しい年へのお祈りみたいになりました。ではではみなさま今年も大変お世話になりました。どうかよいお年を。
関連記事

0 Comments

Leave a comment